--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/01/08 (Mon) オーガニックな虫除け!
IMG_3050_1_2.jpg新年があけてからすっかり更新をサボってしまいました。

ただでさえ自然が多く、虫が多いオーストラリアですが、夏になってくるとゴキブリや変な虫がいろいろ出てきます。

非常に暑かった去年の夏、我が家のキッチンにある戸棚から小豆のような形をした小さい虫が大発生しました!発生場所ははドライハーブのフェネルが入ったビニール袋から。それはそれはものすごい数で、フェネルの入った袋を突き破って他の段にも移り、パスタや小麦粉、乾燥麺、お茶などすべての袋に入ってしまっており、ほとんどの食べ物を捨てました。すべての虫を退治するのにどんなに大変だったことか!

今調べたらそいつらの正体がわかりました。これです!キャー!ビジュアル的に私のブログに載せたくないので、リンクにしました。

その名もシバンムシ(死番虫)!ああ、なんて縁起の悪い名前なんでしょう。

Wikipediaによると、乾果、乾パン、海苔、昆布、鰹節、乾麺、穀粉といったきわめて多くの種類の乾物を食害するが、畳の藁床なども食害するそう。そういえば、この虫、昔持っていたポプリからも発生していた!乾燥した植物とか穀物から発生するんですね。

最近のシドニーは涼しくて、昨年ほど暑くないんですが、見てしまったんです。昨日。この虫を同じ戸棚の中で。まだこわくて発生場所を見ていないんですが。どうか外から飛んできたシバンムシでありますように~!!!!

うちにはペットもいるし、いわゆる殺虫剤というものがありません。しかもこれは食べ物を置いている棚だし、ますます殺虫剤なんて使いたくない!そこで、先日買ってきたUKのMurdoch Books出版の「Organic at home」で虫除けのレシピを調べてみました。この本にはオーガニックなものだけを使って作るスキンケア、ボディケア、洗剤、ホームケア、ガーデニング肥料などのレシピが載っています。

虫除けのスプレーのレシピはこれ。

Insect-repelling "teas"(虫除けティー)

ユーカリ、ニガヨモギ、サザンウッド、ブラック・セージ、トクサなどの葉をちぎり、包丁で簡単に切った後、鍋にいれて15分煮出す。茶漉しで濾し、熱を冷まし、スプレーとして使う。このお茶は決して飲めません!

虫が出そうなところはまず清潔にし、食べ物はきちんと密封。ふきんに少量のユーカリプタス・オイルをたらし、棚を拭きます。コットン・ボールにも少量たらして棚のすみにも置いておきます。ティーツリーオイルも使えます。ベイ・リーブ(月桂樹の葉)には虫除け効果があるので、何枚か棚の奥に置いておきます。

ゴキブリ駆除毒えさ

これは違う本で見ました。ホウ酸だんごとは違うみたいです。2カップの冷たいマッシュポテトに1テーブルスプーンのベーキングパウダーを混ぜます。おはじきくらいの大きさのだんごを作り、2、3個をゴキブリが出そうな場所に置いておきます。これをゴキブリが食べた後、ゴキブリの体が爆発(?!)するそうなのですが、本当でしょうか~!?爆発されても困るな・・・。

ゴキブリのわな1

お皿かお椀を用意し、料理用油かマーガリンかバターを内側に塗ります。レッドワインかビールを注ぎ、小さいケーキのかけらを浮かせます。(ケーキというかスポンジのことでしょうか、ゴキブリの好きそうな食べ物ならいいと思います)ゴキブリはワインかビールで溺れ、外に出てこれないそう。

ゴキブリのわな2

ガラス容器の内側に植物油を塗り、中にバナナを少々ちぎって入れます。バナナにそそられて落ちたゴキブリは出てくることができません。(そのゴキブリをどうやって処理するんだ?!)

なんか書いていて自分にできるかどうか不安になってきてしまいました。わなにひっかかったゴキブリの処理・・・。ゴキブリホイホイ買ってくるか・・・。

どうして、害虫ってキモチワルイんでしょう。本当やですよね。とりあえずキッチンの戸棚はエッセンシャル・オイル攻めに思います。あとベイリーブ置くだけだったら簡単だし。

シバンムシ、どこかに去って欲しい~!


読んでくれてありがとうございます!


comment

すごーい!
すごーく興味深かったです!
このビジュアルで2~5ミリなんて、気持ち悪すぎ。
その上!
>畳やじゅうたん、木材、和紙等に穴をあける。
なんて怖すぎる。

でもさっすがオーストラリア!
>ユーカリ、ニガヨモギ、サザンウッド、ブラック・セージ、トクサなどの葉
が手に入るのがすごい!嫌な虫が沢山出るわけよ~。退治できる葉っぱ
もあるんだもーん。<意地悪?(笑)

私も香港で、お米ケースから「コクゾウ虫」ってのが湧いてくるのに遭遇し
たことがあって、「ぎょぇぇぇぇ~」で、すごく怖くて、お米全部捨てちゃった!

>見てしまったんです。昨日。この虫を同じ戸棚の中で。まだこわくて
ぎゃー(怖っ)、でも、ぎゃはははっ<他人事。。
真実を見つめたら、また知らせてくださいねん。

>(そのゴキブリをどうやって処理するんだ?!)
爆!
>なんか書いていて自分にできるかどうか不安になってきてしまいました。
うーん、分かるなぁ。。ホントね~、日本人だもん。。
日本のキレイさには、圧倒されますねぇ、海外に出ると。。
しかし!あまりにキレイだと、菌に弱くなるんじゃないかなぁ~、と思ったり。。
がんばれっ!!
2007/01/09 00:26 | URL | naomi [ 編集 ]

そうそう台所の乾燥食品とかから出てくるのよね~虫が!!
まあ消毒されてないっていうか健康的な証拠なのかもしれないけど怖いわよね。
2007/01/09 14:49 | URL | ペケ [ 編集 ]

naomiさんへ

こんな害虫話に興味持っていただいてありがとうございます。
このシバンムシはカブトムシのミニバージョンでころころしていて
ゴキブリのような嫌さはないんですが、大量発生するとうっとおしいです。
ユーカリ、ニガヨモギ、サザンウッド、ブラック・セージ、トクサの
虫除けティーはイギリスのレシピですよ!でも、たぶんオーストラリア
でもどっかのブッシュに生えてると思います(笑)。
私は香港で蛆虫わかせたことあります(笑)。空のキャットフードの缶詰
の中でわいてました。害虫系はよく経験しています(笑)。
今日戸棚の中にベイリーブをばらまき、ユーカリオイルを湿らせた
コットンを入れてみました。匂いが充満してます。
ああ、シバンムシもう来ませんように。
2007/01/09 19:49 | URL | Sonky [ 編集 ]

ペケさんへ

ハーブ、小麦粉、乾麺系は要注意ですよ!うちのそばには穴が
開いてましたから(笑)。袋は開けたらゴムとかクリップでとめるだけ
でなく、密封容器に入れないとダメですね。
2007/01/09 19:51 | URL | Sonky [ 編集 ]

クリックした先の虫を見て絶句!
なんか見たことがあるかも。。。
でも1匹だけだったし、引越しする家だったから
まぁ、いいか~と見逃しました。コワ!
本当変な虫が多いですよね~。
2007/01/12 20:10 | URL | みの [ 編集 ]

みのさんへ

オーストラリアではよくいる虫なんですかね~。
蛾もゴキブリも蜘蛛も多いし。この国。
ハーブに大きい青虫がついてたときは絶句しましたよ。
2007/01/13 21:59 | URL | Sonky [ 編集 ]

うーん、
>大量発生するとうっとおしいです。
完全に慣れてますね。
日本人女性なら、気絶寸前ですよ!(爆)
2007/01/18 17:14 | URL | naomi [ 編集 ]

naomiさんへ

蛆でもシバンムシでも何でもまかせてください!
っつーのは冗談で、後始末はうちの人にやらせました・・・・。
2007/01/18 20:27 | URL | Sonky [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://yurarispa.blog65.fc2.com/tb.php/145-41d30d4e

プロフィール

Sonky

Author:Sonky
香港からオーストラリアへ移住。ヨガ、アロマセラピー、アーユルベーダなどのナチュラル・セラピー、スパ、マッサージ、フェーシャル、メディテーションなど癒しを求めて毎日さまよっています。

動物実験を行わず、石油系合成成分を使用していない、自然派コスメやオーガニックコスメが好き。

2008年に男の子を出産しました。コスメやエコグッズの紹介、シドニーでののんびり育児について書いています。

最近の記事

LIVE EARTH

カテゴリー

sonkyおすすめブログ

森と水の祈り

sonkyおすすめウェブリンク

ライフボート友の会
ライフボート友の会~手を伸ばせば救えるいのちがある~

アニマルライツセンターのサイト
動物実験について考えよう。
Animal Rights Center Japan

uls動物実験反対同盟
usakoさんの動物実験反対同盟に
参加しましょう。

オーストラリアのロハスコスメ一覧

オーストラリアの自然と大地から生まれたオーガニックハーブやエッセンシャルオイルを配合し、合成着色料、合成香料、鉱物油、動物性油等は一切使用していない本当の自然派スキンケア。動物実験も行っていない優秀ブランドです。

ジュリーク

日本でおなじみのアロマセラピースキンケア、ジュリーク。アデレードで無農薬、有機栽培、バイオダイナミック法によって育てられたハーブによって作られています。

パーフェクト・ポーション

アロマセラピストによって作られたブリズベン生まれのアロマセラピースキンケア。オーガニックハーブとエッセンシャルオイルから作られる製品は性別・年齢を問わず、特に敏感肌の人から圧倒的な指示を得ています。

サンクタム

バイロン・ベイの熱帯雨林から湧き出た水とハーブやエッセンシャルオイルを配合してつくられたスキンケア。売り上げを環境保護などの慈善事業に寄付するなどコミュニティーにも貢献。

イソップ

小さなヘアサロンからスタートしたボタニカルコスメ、イソップ。世界各国の産地から集められた、 高品質な植物成分だけ使用。今では海外セレプも愛用するほどグローバルに展開。

レディア

オーストラリア原住民、アボリジニの言葉で”地球の”という意味。アボリジニが古くから使ってきたブッシュハーブ、土、塩、海草などを配合しアボリジニの知恵や哲学を取り入れて開発されたスパ用スキンケア。スパでのみ購入可能。

ナチュラル・インスティンクト

オーストラリアの薬局や健康食品店でしか売られていない、知る人ぞ知る自然派スキンケア。オーガニックハーブとエッセンシャルオイルなど100%植物ベースで品質もよいのに値段がお手頃のでとってもお得感あり。

Bod(ボッド)

シドニーのボンダイでナチュラル・セラピストによって作られたBod。東洋の知恵と最新なホリスティック治療を交えたコンセプトで、オーストラリアだけでなくアメリカ、香港、日本、ニュージーランドにも広がっている。赤ちゃん向けのBod for bubsもあり。

Addiction Naturale(アディクション・ナチュレール)

クイーンズランド生まれのオリーブオイルからできた、ケーキのようなソープ。テーマ別に何種類ものソープがあり、100%ナチュラルな植物性で肌にもやさしい。

ニュージーランドのロハスコスメも追加!

Living Nature

ニュージーランド北島ケリケリ生まれ。ニュージーランド原産のマヌカ、ハラケケ、カワカワ、クメラホウ、昆布などを使った世界で最も安全と言われているコスメ。

坂本龍一氏推薦!地球のなおし方

オーストラリア、バイロンベイ発祥
ヨガラティス基本編

ヨガラティス
パーツ別編

sonkyオススメ!
クリスタル・バイブル

メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

12  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。