--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/31 (Thu) 女の子なら誰でも好き(なハズ)Peter Alexander
pa_store_VIC_MelbC.jpgゴージャスなシャンデリア、白い家具、柔らかい照明。ロマンチックなベッドルームを再現したようなPeter Alexanderのショップにはオーストラリア在住の女の子なら誰もが足を踏み入れたことがあるはず!

Peter Alexanderはメルボルン発信のナイトウエア専門ブランド。このPeterさん、デザインを勉強したわけでもないのに、Sports Girlでセールスとして始め、マーケティング、マーチャンダイズの経験を積み、自分でパジャマ作って売り出しちゃったスゴい人。

レディースはもちろん、メンズ、キッズ、ベッドリネン、ルームシューズ、カラフルなアグブーツ(Peter Alexander版ね)、雑貨などが買えます。

4174_m.jpg3980_m.jpg冬のぬくぬくモノに目がない人はこの店にいったん入ったら出れないかも!あったかそうなレッグウォーマーや、ニットのトップ、フランネルのパジャマなど冷え性の人にはおすすめのものばかり。

pa_store_NSW_Chase.jpg
そういう私も超冷え性。下腹部を冷やさないよう、しっかりフランネルのミニショーツを買ってきました。オンラインでも買えますが、やっぱりこのロマンチックなお店に行って買うのがいい~!

あと、Peter AlexanderはRSPCAのアンバサダーでもあり、猫ちゃんやワンちゃんのベッドや首輪、IDタグなどもデザインしてるんですよ~!そしてその売り上げはすべて、そうすべて!RSPCAにそのまま寄付されます。動物を虐待から守るためにも、ワンちゃん、猫ちゃんグッズが欲しい人はここで買いましょう。詳しくはこちら。

お店のロケーションはこちらです。

スポンサーサイト

2007/05/29 (Tue) Jibbitz(ジビッツ)でMy Crocsをパーソナライズ
IMG_3453.jpgいい歳こいてCrocsのサンダルにJibbitzつけちゃいました。ディズニーのキャラや動物はちょっと・・・だけど、お花でこの色なら許せるでしょ?

オーストラリアで手に入るJibbitzはほんの一部。Jibbitzのサイトを見るとその種類の多さに圧倒されます。アメリカのカレッジチームのロゴからNFLから国旗までなんでもあり。

オーストラリアでは1つA$3.5で売ってます。結構たくさんつけてる子どもを見るんだけど、両足で10個つけたらA$35だよ!?


2007/05/27 (Sun) オーストラリア映画 「Somersault」
somersault.jpg昨日、SBSでやっていたオーストラリア映画「Somersault」を見ました。主人公役は「Candy」でヒース・レジャーと共演していたアビー・コーニッシュ。この子はルックスも演技力も世界に通用するのでは。二コール・キッドマンに次ぐ大物オーストラリア女優になるかも!?

Somersaultとは「宙返り」という意味。母親とけんかして家を飛び出し、Jindabyneの町にたどりつくが、そこで出会った人々ともうまくいかない。皆から愛されたいのに自分の思うようにいかず、好きな人の前でチリソースを一気飲みしたり、酔っ払ってパブで知り合った男を家に連れ込んだり、夜中の3時に真っ裸で彼を追いかけたり無茶苦茶なことをしてしまう。まだまだ精神的に未熟な16歳。こうやって人はいろいろ学んでいくのね。
abbie.jpg

日本で公開されているかわからないけど、「Candy」でもいい演技を見せてました。彼女、確かリース・ウェザースプーンの離婚の原因とも噂されてましたね。ちょっとゴシップネタです。


2007/05/26 (Sat) ジュリーク ハンド&ボディ ローションの出番
最近、空気が乾燥してきました。実家に落ちていたハワイの手作りグリセリンせっけん(母がハワイで買ってきただろうと思われる)を使ってたら、猛烈に肌がかゆくなってきました!やっぱり普通のせっけんはダメだ~。洗い上がりがキュッ、キュッとなるせっけんはどうやらお肌の天然のオイルまで奪ってしまうみたいで、肌はかさかさ、あげくにはかゆみが出てきてしまいます。熱いシャワーを浴びたときやサウナに入ったときはかゆみが倍増!かいたところだけがみみずばれみたいに赤くなってる・・・。この敏感肌だけは母に似てしまったんだなあ。

早速、この手作りせっけんを使うのをやめて、先日友達からもらったシャワージェルを使ったらだいぶ落ち着いてきました。洗い上がりの肌がすべすべでやっぱりせっけんとは違う!

さらに肌を保湿するため、10月にジュリークでもらってそのままになっていた、ローズ ハンド&ボディローションを引っ張り出してきました。水っぽいさらさらとしたミルクでべたつかず、肌にすっとなじみます。ローズの香りが素敵!私はジュリークではいつもラベンダー派なのですが、ローズもいいですね。塗った後しばらくたっても服の下からローズの香りがしてきます。

シャワージェルとこのローションのおかげでとりあえずかゆみは治まりました。この冬はこのコンビネーションを続けないと!


2007/05/22 (Tue) 破格のお値段で水着を買う
IMG_3441.jpg外の気温は14度だというのに、いきなり水着を買いました。ジムのサウナでは水着を着るか、バスタオルを巻いて入らないといけないので、そのための水着です。

私がよく買うのは、Done Art & Designの水着。90年代初期に日本で大流行したあのケンドーンです。確かHanakoのロゴもデザインしてましたね。今はすっかり名前を聞かなくなりましたが、お店は健在。ここの水着はものがしっかりしていて、作りがいいんです。生地に厚みもあって、ちゃんと胸パッドがついてるのが嬉しい。

しかもこのホルターネックのビキニはアウトレットで買ったので、上下でA$88のところがたったのA$38でした!これをスポーツウエアの下に着てエクササイズして、汗かいたら水着でシャワー浴びて、サウナへ直行~!っていうのが私のプランです。


2007/05/21 (Mon) シドニーでの韓国アカスリ体験レポ
韓国アカスリは、日本、韓国、香港で体験済みですが、今回初めてシドニーで挑戦しました。友達から「古くて昔の銭湯みたいだからあまり期待しない方がいいよ」と言われていたので、まあそんなに驚きもしませんでした。確かに古い!設備も少なく、とってもイケてない!お風呂は色をつけてるだけじゃないの?と思えるくらい何の匂いもしない漢方のお湯と、熱いお湯と、冷たいお風呂の3種類しかありません。しかも韓国風サウナではなくただの一般的なドライサウナがあるだけ。ヨモギ蒸しももちろんなく、他は洗い場があるだけです。奥の部屋にベッドが並んでいて、そこでアカスリやマッサージ、フェーシャルなどをしてくれます。

bathhouse_5.jpgアカスリの予約の1時間前に入り、体を洗ってお湯に浸かり、サウナに入って徹底的に皮膚をふやかし(笑)アカスリに備えます。番号を呼ばれて奥の部屋へ。本場韓国でやったときは結構ラフだったのですが、ここのおばさんはしっかり丁寧に洗ってくれました。結構アカは出ていた模様(笑)。おかげで肌がつるつる&すべすべになりました。

意外にアジア人より西洋人の方が多かったです。お値段は入場料とアカスリでA$56(約5600円)。

シドニーのナイトライフで有名なKings Crossのホテル内にあります。まあ、誰かに背中を流してもらいたい時は行ってもいいかな?

Ginseng Bathhouse
The Crest Hotel Level One
111 Darlinghurst Road, Kings Cross, 2011 Sydney Australia
Bookings essential: +61 2 9356 6680
Fax Enquiries: +61 2 9356 2348
Em: bathhouse@thecresthotel.com.au
Web: http://www.ginsengbathhouse.com.au/


2007/05/18 (Fri) The Cook & The Chef
maggie_simon.jpg最近、ABCでやっている「The Cook & The Chef」という番組を何回か見たのですが、その番組でお料理を披露している素敵なレディーがMaggie Beerだということに気づきました。Maggie Beerはアデレードのバロッサ・バレーでグルメフードブランド、「Maggie Beer」をプロデュースした人で、私はここのCreme Caramelの大ファン。(関連記事はこちら

この番組で紹介してるお料理がどれもおいしそう~。もう1人のプレゼンターは、アデレード・ヒルトンのエグゼクティブ・シェフ、Simon Bryant。毎回一人ずつそれぞれのレシピを紹介します。

ep_14_quin_m1390165.jpgこの前の放送ではMaggieがQuince(マルメロ)のタルトを作っていました。これがとってもおいしそうだったのです。ペーストリーの上にマルメロのピューレーをのせ、バターと砂糖で炒めたマルメロのスライスをさらにのせたものにバジルの葉をふりかけ、オーブンで焼きます。

普段、家では簡単なケーキしか作らないけど、時間があるとき挑戦してみようと思ってます。レシピはこちら



2007/05/16 (Wed) ウェルカムバ~ック!SACTUM
IMG_3429.jpgパーフェクト・ポーションのシャンプーも使い終わってないのに別のシャンプーを買ってしまいました。それは、SANCTUMだったから!去年、NSW州のサウスコーストに行った際に泊まったホテルのアメニティが、すべてSANCTUMでした。リンス・イン・シャンプーがよかったので、シドニーに戻ってから買いに行ったら「SANCTUMのシャンプーは製造中止で半年後に新しいシャンプーが発売される」と言われたのに、それから待つこと1年半。やっと販売されました。さすが何でもノロいオーストラリア。

SANCTUMはバイロンベイ生まれのオーガニック・コスメです。オーストラリアではあまりおなじみじゃないですが、健康食品屋さんとか、オーガニック系のショップやコスメのセレクトショップにおいてあったりします。

IMG_1399.jpg私が選んだのはドライヘアー用。オーガニックのアロエ、ラベンダー、カモマイル、ローズマリーが入っています。シャンプーの泡立ちは他の自然派シャンプー同様、あまり泡立ちはよくありませんが、きしみ度が他に比べてマイルドです。香りはカモマイルとラベンダーが強いかも。コンディショナーはすごくいいです。ちょっと髪に浸透させるだけでさらさらになります。

目の保養にサウスコーストに行ったときの写真を。この辺のビーチは世界で一番砂が白いと言われていて、とってもきれいです。

IMG_1366.jpg


2007/05/15 (Tue) 買うべき?!AVEDA Brilliant Universal Styling Creme
univeralstyling.jpgジムで髪を洗ってドライヤーで乾燥させた後のこと。髪が全体的にパサついていたので、日本でよく売っている、パサついた髪を落ち着かせるヘアークリームかローションが急に欲しくなりました。その足でオーガニックスーパーへ直行しましたが、リーブイン・コンディショナーしか売ってない!

AVEDAにならあるかなと思って行ってみたら、ありました!Brilliant Universal Styling Creme。オーガニックアロエと保湿植物成分が髪にツヤを与え、パサつきを落ち着かせるリッチなスタイリングクリーム。乾いた髪につけスタイリングします。私の髪にぴったり!

テスターを使ってみると、AVEDAのシャンプー、Shampureと似たハーブの香り。つけた後もしばらく香りが続き、髪もツヤが出ていい感じ。ものすごく欲しくなってしまったんですが、何と値段がA$44(約4400円!)。スタイリング剤にA$44ってどうよ・・・?

サイトによるとアメリカではたったのUS$16!どうして?!オーストラリアの関税のせい?!

IMG_3433.jpgムカついたので、サイトで安く買えないかと思って見てみました。ストロベリーネットではA$26.50で買えるみたいです。ああ、さすがコスメ天国香港!

とりあえず、Alchemy(アルケミー)のビタミンマスクはリピしました。これは香りも使い心地もよかったし、安いしね。


2007/05/14 (Mon) ピラティスクラスでの出来事
100s.jpg今年になってからジムに通い始めたので、ヨガ・ピラティスはジムのグループフィットネスのクラスに参加しています。週末のピラティスクラスでの出来事。

左のポーズ、Hundredsに入ろうとしていた時、後ろの方から「プッ」という音が。

今回は確信がありました。以前にもヨガのクラスでこういうことがあったのですが、「まさかな~。気のせいでしょ。」と思っていました。

でも、みのさんの香港のヨガクラスに関する記事を読んで納得。私には考えられないけど、出る人は出ちゃうのね、やっぱり。まあ、我慢するのも良くないんだろうけど、臭いがあるのは嫌だなあ(笑)。

音がしても誰も笑ったりしなのは、気づかないフリをしているからかしら?!


2007/05/12 (Sat) アメリカ土産
bathbodyworks.jpgアメリカ在住の友人が出張でシドニーにやってきました!彼女とは語学学校時代からの長いつきあい。新婚ほやほやでアメリカ人のHubbyを連れてきてました。

この旦那さんが典型的アメリカンジャンクフード大好きアメリカ人。アジア料理もシーフードもダメだというので、連れていくところに困ってしまいました。彼女たちのホテルの周りはアジア系レストランばっかりだし!

結局彼のリクエストで近くのショッピングセンターの中にあるグリル料理屋さんへ。彼はそこでハンバーガーとチップス食べてましたよ(苦笑)。オーストラリアの料理にはいつもトマトが脇についてる!って言ってました。そうかしらん?

気を使わなくていいのに、彼女はお土産を買ってきてくれました。家で開けてみるとボディケアセットが入ったキャンバス地のバッグが!こんなに重くてかさばるものをアメリカから買って持ってきてくれた彼女の思いやりに感激です。

warm vanilla sugarという甘そうなシリーズのシャワージェル、ボディスプラッシュ(ボディスプレー)、ボディローションの3種類。すべてバニラ、ココナッツ、バスマティ・ライス、サンダルウッド、パパイヤフルーツエキスなどが入ってます。早速、ジムに行ったときにシャワージェルを使ってみたところ、濃厚なアメリカンの香りを想像してたのですが、意外に淡いバニラの香りで、泡もパパイヤの酵素のせいか、やさしい泡立ちでよかったです。

6年ぶりにあった彼女だけど、今度はいつ会えるのかな~。


2007/05/09 (Wed) T2(tea too)のお茶でフローラルな気分!
IMG_3416.jpgIMG_3417.jpg

先日、友人宅で出してもらったプーアールにローズが入ったお茶がとってもおいしかったので、メルボルンが発祥のお茶屋さん、T2で探してきました!

T2ではすべてのお茶のサンプルがカテゴリー別においてあり、ひとつずつ香りを嗅ぐことができます。すべていい香りで選ぶのに迷ってしまいます。

プーアール茶にローズが入ったものは見つからなかったのですが、China Roseというブラックティーにローズが入ったものを選びました。もう一つはFrench Earl Grey。

IMG_3408.jpgIMG_3407.jpg

左がFrench Earl Grey、右がChina Roseです。China Roseは湿らせたローズの花びらで煎じたもの。プーアールじゃないけど、ローズの香りがする紅茶です。French Earl Greyはクラシックアールグレーにハイビスカス、ローズの花びら、サンフラワーブラッサム、マロウフラワーを混ぜたもの。アールグレーの香りは控えめで、フルーティーな香りが強いです。両方ともお茶を入れただけで部屋の中までフローラルな香り!とっても優雅な気分になれます。

T2のお店のロケーションはこちらのContactをクリックしてください。残念ながらシドニー、メルボルン、ブリズベンの3都市しかないのですが、オンラインでも買えますよ!


2007/05/08 (Tue) あらためてすごさに驚き!
IMG_3375.jpgカスターオイルのハンドウォッシュは超イマイチだったのに大量に残っていたので、使い終わったときは本当に嬉しかった!今度は、いつもお世話になっているオーストラリア製オーガニック洗剤、ナチュラル・インスティンクトのハンドウォッシュを。使ったことはありませんでしたが、きっといいだろうという確信がありました!

1リットルのデカサイズで確かA$16くらい。陶器のディスペンサーに入れて使っています。これなら半年くらい持ちそう。オーガニックなのにこのお得感も嬉しいのです。

使ってみたらやっぱりナチュラル・インスティンクトは期待を裏切らなかった~。使うたびにラヴェンダーの香りが広がり、泡もちゃんと立つし、洗い上がりの手もしっとり。

しばらくご無沙汰していた、フェイシャルスクラブも買ってきました。これもA$8くらいなのに、すごくよいので友達におすすめしています。やっぱりこれは何度使ってもすごい!胡桃の殻のスクラブがお肌の古い角質をしっかり取り去ってくれるので、次の朝肌の表面が全然違うのです。最近サボってたけど、やっぱり角質ケアは定期的にしなきゃね。


2007/05/07 (Mon) やっぱりヴェレダのスキンケアが好き!
IMG_3406.jpg肌にやさしいアイメイキャップ・リムーバーが欲しくてCastor Oil(ひまし油)で作ったリムーバーをずうっと使ってましたが、オイルが濃厚すぎて使いにくかったので、ヴェレダのアーモンド・フェイシャルオイルを買ってきました。

敏感肌用のフェイシャルオイルですが、肌にやさしいのでアイメイキャップ・リムーバーとしても使えます。高品質のアーモンドオイル、プルーン種子エキス、スピノサスモモ花(ブラックソーン)エキスがお肌を環境汚染から保護し、肌を柔らかく保ちます。

Castor Oilに比べるとサラサラしていて、さっと拭くだけでメイキャップがとれます。いまのところ目にしみることもありません。香りはまさに杏仁豆腐(笑)。寝ている間のお肌の再生を促進するとも書いてあったので夜使ってみましたが、次の朝、特別肌に変化は見られませんでした。フェイシャルオイルとしては、ローズヒップの方が好きかも。

IMG_3404.jpgついてにアーモンドのクレンジングローションも買ってきちゃいました。これでヴェレダのクレンジングローションはすべて制覇!なぜかこれだけ瓶じゃなくてチューブ入り。

敏感肌用だけあって、ヴェレダの3種類のクレンジングローションのうち、これが一番アルコールの刺激が少ないです。他の2種類ほどアルコール臭さを感じません。メイクの落ちもよく、拭き取った後もしっとりお肌になります。水、アーモンド油、ステアリン酸グリセリル(SE)、エタノール、プルーン種子エキス、キサンタンガム、乳酸入り。ヴェレダスキンケアはすべて、ミネラルオイル(鉱物油)、人工香料、着色料、防腐剤などの添加物フリー。動物実験も行っていません。

ヴェレダはお値段もお手頃だし、私の肌にも合っているので大好きです~!


2007/05/04 (Fri) マヌカとサジーで鼻かぜ対策!
IMG_3401.jpg先週末、友人宅でBBQをした次の日の朝、起きたらものすごいのどの痛みでした。これはまずいと思い、即行プロポリスマウスウォッシュでうがいをしました。さらに、ニュージーランド製、Convitaのマヌカハニーとレモン味のキャンディーを。前は袋に入って売ってたのですが、箱入りになってました。これには殺菌効果のある、UMF10のマヌカハニーとプロポリスが入っています。UMFとは、抗菌活性を示すの値で、ユニーク・マヌカ・ファクターの略。UMF10+なら、一般的な消毒剤のフェノール溶液10%相当以上の抗菌力があるそうです。

うがいを何度か続けたらのどの痛みは治まったのですが、今度は朝起きると黄色いゼリー状鼻水が。(食事中の方、すみません)

のどはいがいがして咳も少し出るし、ビタミンCを採らなくては!と思い、またまたヴェレダのSea Buckthorn Elixir(ヒッポファンエリキシール)を買ってきました。(前の記事


2007/05/02 (Wed) 最近観た映画
desktop1_800.jpg何か、最近映画ブログみたいになってきちゃったけど、また映画を観ました。ニコール・キッドマンの「FUR: AN IMAGINARY PORTRAIT OF DIANE ARBUS(邦題:毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト)」。題が長いよ!

何の映画なのかレビューも評判も聞かずに観たので、びっくり!まさに毛皮のエロス(笑)。ニコール・キッドマン演ずる貞淑な妻が多毛症(!)の男との出会いを経て写真家に変化していくってストーリーなんだけど、bizarre(奇怪)の一言につきる。それにしてもニコール・キッドマンって化粧しないと別人みたい。もう40歳になる彼女。最後に彼女のヌードが映るのだけど、(後ろからね。そして横パイが見えます。)贅肉ひとつついていないあの体はどうやって保持しているのかしら。

もう1つ観た映画は「Perfume The Story of A Murderer(邦題:パフューム ある人殺しの物語)」。こっちの方が断然よかった!


2007/05/01 (Tue) laura mercier アイカラー
最近すっかり更新をサボっちまいました。もう5月ですね。実はこのブログを始めて今日が1周年なのです。三日坊主の私が1年続けられたなんて、コメント入れてくださる皆さんのお陰です!どうもありがとうございます!

アイシャドーの記事をアップするのが今日が初めてかも?ていうか最近全然アイシャドーを買ってなかったんですけどね。

いつもLaura Mercierのカウンターを通り過ぎるたびに気になっていたアイシャドー。ミネラルアイパウダーというのも気になってました。ドライだとアイパウダーとして、水を加えて筆を使えばアイライナーとして使えるというもの。スモーキーな目元を作るにはぴったりだけど、私が使ったら失敗して、パンダ目になっちゃいそう。よく考えてやっぱり買うのはやめ、結局普通のアイシャドーにしておきました。

Twinkleというベージュ・シャンペーンのカラーにラメが入ったもの。結構ドライで粉っぽいので、指の腹でベースカラーとしてつけています。とにかく粉っぽいので、ラメが顔中に散らばっちゃいます。色は意外に白っぽい。ちょっと顔がボケるので濃い色でアイラインを締めてはっきりさせないとマズイです。この手のクオリティーと色は日本だったらもっと安く手に入るはず。laura mercierじゃなくてもいいかな~。って感じ。


プロフィール

Sonky

Author:Sonky
香港からオーストラリアへ移住。ヨガ、アロマセラピー、アーユルベーダなどのナチュラル・セラピー、スパ、マッサージ、フェーシャル、メディテーションなど癒しを求めて毎日さまよっています。

動物実験を行わず、石油系合成成分を使用していない、自然派コスメやオーガニックコスメが好き。

2008年に男の子を出産しました。コスメやエコグッズの紹介、シドニーでののんびり育児について書いています。

最近の記事

LIVE EARTH

カテゴリー

sonkyおすすめブログ

森と水の祈り

sonkyおすすめウェブリンク

ライフボート友の会
ライフボート友の会~手を伸ばせば救えるいのちがある~

アニマルライツセンターのサイト
動物実験について考えよう。
Animal Rights Center Japan

uls動物実験反対同盟
usakoさんの動物実験反対同盟に
参加しましょう。

オーストラリアのロハスコスメ一覧

オーストラリアの自然と大地から生まれたオーガニックハーブやエッセンシャルオイルを配合し、合成着色料、合成香料、鉱物油、動物性油等は一切使用していない本当の自然派スキンケア。動物実験も行っていない優秀ブランドです。

ジュリーク

日本でおなじみのアロマセラピースキンケア、ジュリーク。アデレードで無農薬、有機栽培、バイオダイナミック法によって育てられたハーブによって作られています。

パーフェクト・ポーション

アロマセラピストによって作られたブリズベン生まれのアロマセラピースキンケア。オーガニックハーブとエッセンシャルオイルから作られる製品は性別・年齢を問わず、特に敏感肌の人から圧倒的な指示を得ています。

サンクタム

バイロン・ベイの熱帯雨林から湧き出た水とハーブやエッセンシャルオイルを配合してつくられたスキンケア。売り上げを環境保護などの慈善事業に寄付するなどコミュニティーにも貢献。

イソップ

小さなヘアサロンからスタートしたボタニカルコスメ、イソップ。世界各国の産地から集められた、 高品質な植物成分だけ使用。今では海外セレプも愛用するほどグローバルに展開。

レディア

オーストラリア原住民、アボリジニの言葉で”地球の”という意味。アボリジニが古くから使ってきたブッシュハーブ、土、塩、海草などを配合しアボリジニの知恵や哲学を取り入れて開発されたスパ用スキンケア。スパでのみ購入可能。

ナチュラル・インスティンクト

オーストラリアの薬局や健康食品店でしか売られていない、知る人ぞ知る自然派スキンケア。オーガニックハーブとエッセンシャルオイルなど100%植物ベースで品質もよいのに値段がお手頃のでとってもお得感あり。

Bod(ボッド)

シドニーのボンダイでナチュラル・セラピストによって作られたBod。東洋の知恵と最新なホリスティック治療を交えたコンセプトで、オーストラリアだけでなくアメリカ、香港、日本、ニュージーランドにも広がっている。赤ちゃん向けのBod for bubsもあり。

Addiction Naturale(アディクション・ナチュレール)

クイーンズランド生まれのオリーブオイルからできた、ケーキのようなソープ。テーマ別に何種類ものソープがあり、100%ナチュラルな植物性で肌にもやさしい。

ニュージーランドのロハスコスメも追加!

Living Nature

ニュージーランド北島ケリケリ生まれ。ニュージーランド原産のマヌカ、ハラケケ、カワカワ、クメラホウ、昆布などを使った世界で最も安全と言われているコスメ。

坂本龍一氏推薦!地球のなおし方

オーストラリア、バイロンベイ発祥
ヨガラティス基本編

ヨガラティス
パーツ別編

sonkyオススメ!
クリスタル・バイブル

メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

12  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。